コンテンツにジャンプ
糸島市 オフィシャルウェブサイト
  • 音声読み上げ
  • Foreign Language

トップページ > くらしの情報 > 九州大学 > 九州大学との連携 > 一般公開シンポジウム「浅海底の戦争遺跡 その記録と伝承」開催

一般公開シンポジウム「浅海底の戦争遺跡 その記録と伝承」開催

更新日:2018年12月4日

日時
2019年1月12日(土曜日)13時0分~17時0分
会場
九州大学 椎木講堂 大ホール
料金
無料
定員
申し込み
事前申し込みは不要です。

問い合わせ先 九州大学 先導的学術研究拠点 浅海底フロンティア研究センター
E-mail:seafloor@scs.kyushu-u.ac.jp
沖縄・古宇利島沖の水深40mに沈む米国の戦艦エモンズは、第二次大戦末期の沖縄戦にて日本軍特攻機の攻撃によって航行不能となり僚艦によって沈められました。我々はこの海戦跡について、多視点ステレオ写真測量にマルチビーム音響測深から得られた位置情報を与える革新的方法を用いてきわめて詳細な三次元モデルを作成しました。

本シンポジウムでは,この研究と近現代の歴史研究を基にして、水中戦争遺跡の保存と今後の平和教育への活用について論じます。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

●「沖縄戦と戦争遺跡 」
片桐 千亜紀(沖縄県立埋蔵文化財センター/九州大学大学院 比較社会文化研究院)
●「最先端の地理学で可視化する米軍艦エモンズ」
菅 浩伸(九州⼤学 浅海底フロンティア研究センター/九州大学大学院 地球社会統合科学府)
●「水中考古学から見たエモンズの戦い」
吉崎 伸(京都市埋蔵文化財研究所)
●「水中文化遺産と戦争の記憶 ― ハワイ・USSアリゾナの事例」
中西裕見子(大阪府教育庁/九州大学大学院 地球社会統合科学府)
●「太平洋戦争の歴史と記憶のあり方」
マシュー・オーガスティン(九州大学大学院 地球社会統合科学府)

周辺案内図

地図はドラッグ操作でスクロールします。

お問い合わせ

企画部 地域振興課
窓口の場所:本館2階
ファクス番号:092-324-0239

市民協働係
電話番号:092-332-2062

公共交通係
電話番号:092-332-2062

定住・学研都市係
電話番号:092-332-2062

メールでお問い合わせ

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?
このページに対する意見等をお聞かせください。

寄せられた意見などはホームページの構成資料として活用します。なお、寄せられた意見等への個別の回答は、おこないません。
住所・電話番号など個人情報を含む内容は記入しないでください。